メディカルトレーナー

メディカルトレーナーは、医師の指導に従って患者様の整形疾患の回復を支援する仕事です。リハビリトレーニングの指導やマッサージを行います。すでにリハビリを必要とする人はもちろん、筋力が衰えてしまった高齢者が要介護状態にならないよう、早めに対策するという目的もあるのです。

運動機能や筋肉の仕組みなど、メディカルトレーナーには人体に対する基礎知識が求められます。医学的な観点およびスポーツや健康に対する知識も必要です。たとえば、運動指導や基礎栄養学といったノウハウも覚えておくとよいでしょう。国家資格がなくても名乗ることができる職業がメディカルトレーナーですが、リハビリ専門学校で理学療法士の資格を取得していると有利と言われています。また、理学療法士に限らず、柔道整復師やはり師・きゅう師などの資格もあるとよさそうです。

メディカルトレーナーの活躍の現場は、医学の枠に収まりません。スポーツチームや選手個人の専属トレーナーとして活躍するケースもあります。スポーツチームや治療院など、さまざまな場所で採用試験を受けることで、メディカルトレーナーになれるのです。年収については、採用するチームによって大きく異なります。自分のスキルが問われる仕事なので、常に技術を磨き続けるのがよいでしょう。